土地活用をする場合にはいろいろとあります。賃貸経営をしようとしているオーナーが資金調達から賃貸アパートや賃貸マンションの建設・管理まで行うことがあります。

これは自己建設方式です。また、不動産管理会社のノウハウを活用して賃貸住宅を建設する「事業受託方式」もあります。これ以外に土地の所有者は土地を出して、不動産管理会社は建設費用を出して建物を区分所有する「等価交換方式」もあります。

宣伝★土地活用・賃貸経営の一括資料請求サービス|アパート経営比較君 http://www.kenyonpowerboats.com/

このように賃貸経営は注目されている資産形成の一つになっています。実際に賃貸経営をする場合にはいろいろな知識が必要です。

賃貸経営について考える女性

わかりにくいことについては「よくある質問」ということで不動産管理会社のオフィシャル・ウェブサイトに掲載されたりしています。

今回は【賃貸経営をする場合にオーナーが不動産管理会社に聞きたいよくある質問】をサービス毎にまとめておきました。詳細は各ページをご覧ください。ここでは概要をご紹介するようにしましょう。

賃貸経営の「賃貸仲介サービス」でよくある質問

(1)賃貸仲介を受ける場合はどんなことをしてくれるの?
不動産会社が借主を募集してくれたり問題がない人物かどうかを審査してくれたりします。入居者が大丈夫かどうかを自分で判断するのは難しいですね。

第三者に任せるほうが便利で安心です。

(2)自分が持っているマンションやアパートに住んで貰う人を募集する場合に一般媒介と専任媒介があるのですが違いが分かりづらいです。

専門用語が多いですね。詳細ページで解説しますが、不動産屋さんをひとつにきめるか、それか複数の不動産屋に募集をかけてもらうかの違いです

賃貸経営の「賃貸管理サービス」でよくある質問

(1)賃貸管理サービスではどういったことをしてくれるのでしょうか?
オーナーさんの代わりにマンションやアパートに入居してくれる人たちを募集してくれたり、毎月の家賃を集金してくれたりしてくれるサービスのことです。

(2)一般的に契約期間はどの程度になりますか?
普通な2年間です。その後は自動更新になることが多いです。

(3)一括管理と部分管理はどのように違うのでしょうか?
どれだけ不動産管理会社にまかせるかどうかです。楽なのは一括管理です。詳しい違いについては、別ページで解説します。

賃貸経営の「サブリースサービス」でよくある質問

(1)サブリースサービスについて教えてください
最近人気のサービスです。オーナーさんが持っているマンションやアパートを不動産管理会社が借り上げてくれます。その不動産を第三者に転貸するのです。

サービス内容も多彩で、不動産物件のメンテナンスから入居してくれる人の募集まで一括で任せることもできます。

(2)サブリースサービスができないアパートやマンションもあるのでしょうか?
不動産管理会社もリスクがあるサービスになりますから、お客さまが借りてくれそうもない物件は断れます。場所が悪いとか築年数が古いとかです。

蝶ネクタイをした男性

賃貸経営の「リロケーションサービス」でよくある質問

(1)海外赴任の予定があるのですが、時期的にはいつごろ申し込めばいいのでしょうか?
まず、考えなければならないのは部屋探しをする人のニーズとマッチするかどうかです。一般的に部屋探しをする人は3カ月前ぐらいから物件を探します。

リロケーションサービスを利用する場合は少なくても3カ月前にはアクションしておきたいです。

(2)会社の都合がハッキリしていなくても貸せるのでしょうか?
その状況も含めて不動産管理会社と話をはじめておくのがいいでしょう。転勤が決まればいろいろと忙しくなります。比較的時間がある間にいろいろと相談すると良いアイデアもあります。

転勤時期がそれほど長期にならないならば、定期借家契約を2年程度にしておくといいでしょう。

(3)シンガポールに短期的に海外赴任をするのだけれど貸せるの?
例えば1年も海外赴任がないならば定期巡回サービスを使うのはどうでしょうか?賃貸しないで風を入れてくれるようなサービスもあります。